構造設計

2011年02月28日

現在事務所再開にむけていろいろ準備しています。
事務所再開ということは一度休業しているわけで・・。
今日はその話です。
休業している間、沖縄県のNPO機関で
1年半構造設計技術の習得に励んでいました。
建築設計は大きく分けて
意匠設計(デザイナー)、構造設計、設備設計に分けられます。
全ての業務をひとつの設計事務所が行うことはほとんどなく、
それぞれの分野の設計士が連携してひとつの建物をつくりあげます。
分業するということは他分野の設計はおまかせしたり、
細かい部分はわからないまま進めたりすることが多々あります。
私は以前からそのことに疑問を感じていました。
偶然NPO機関の構造設計員の募集を見て、
限られた期間そこにお世話になりましたが
本当によい経験ができました。
私の専門は意匠設計(デザイナー)ですが、
構造設計もまずはできる範囲から始めていきたいと
思っています。


こちらの記事にも関連した内容がありますよ。


コメントは受け付けていません。