熊本ー大分旅行1

2011年08月20日

今週、熊本と大分へ家族旅行に行きました。
目的は、建物と、町並みと、食事と、温泉を楽しむこと。
私意外は建物に興味なしですが・・(笑)
熊本の黒川温泉と大分の長湯温泉の宿にそれぞれ1泊しながら
いろいろ散策しました。
今回は黒川温泉がある熊本県南小国町でのいろいろをブログします。
福岡空港から車で4時間程で、南小国町に到着します。

せっかくなので、この地域で有名な「だご汁」を頂きました。
私達が食べただご汁は、山芋でつくっただごが入っていました。
多分食べるのは始めて。素朴な味でおいしかったです。

そして、建物見学。
小国町にある、「道の駅」小国ゆうステーションへ。
大学時代に憧れた建築家、葉祥栄さんの設計です。



小国町特産の杉間伐材を用いた木造立体トラス構造。
普通「木造」というと木の「ぬくもり」や「あたたかさ」を感じる建物がほとんどですが、
この建物は外観、内観とも、そういうものをできるだけ排除したかった(?)と思わせるくらい
クールな印象でした。
立体トラスのディテール、カーテンウォールのディテールに圧倒されます。
で、黒川温泉へ。



↑うちの子供、久しぶりの旅行に
夕方にはハイテンションを通りこして壊れ始めてきました・・・(笑)
渓谷にある温泉街、自然をこんなに感じる温泉街もめずらしいのでは?
自然の雄大さに比べたら・・と思いつつ風景に圧倒されながら
入湯手形を持ってあちらのこちらの露天風呂へ入ってきました。
息子と二人でくるりの「温泉」を歌いながら
♪あーあーーあーちちーのちいーー♪
最高の黒川温泉でした。ニコニコベーニコニコ

こちらの記事にも関連した内容がありますよ。


コメントは受け付けていません。