三分一さん

2011年08月28日

先日、建築士会の建築セミナーの講師、三分一さんを
Mさんと一緒にお迎えに行き、講演会までの間
金城信吉展の見学や南城市周辺のグスク、樋川めぐりなどをしました。
垣花樋川や

糸数城跡などなど。

三分一さん、Mさんといろいろな話をした中で
自分なりに心に残ったこと。感じたこと。思ったことを
まとめました。(あくまで勝手な私見ですが・・)
●心に残ったこと
 沖縄は「集落」の切れ目がなく、まだらな町並みがエンドレスでつづいている。
 沖縄の風景はアフリカの島の風景に似ている
 沖縄だからできること、沖縄でしかできないこと
 沖縄はもしかすると日本で一番可能性がある場所かもしれない
 風、スコール、霧の風景、蔵、地産地消
●感じたこと
 明確なテーマを持って建築設計に取り組むことの大切さ
 自分で「枠」をつくらない。周囲の影響による「枠」も疑う
 やりたいことと表向きのテーマとの違い
 画一的な町並み、無意識な固定観念
●思ったこと
 続けることの大切さ
 
今回の建築セミナー、とてもとても有意義でした。
Mさん、今度お会いするときヤンバル編の話聞かせてくださいねー
そして三分一さん、ご多忙のところ来て頂いて本当にありがとうございました。ニコニコ
 
 


三分一さん への2件のコメント

  1. プラソ より:

    gemさん、お疲れさまでしたー
    gemさんがいろいろ知っていたお陰でホント助かりましたよー!
    ありがとうございました m(_ _)m
    今回の送迎、ホント得しました。
    三分一さん、こういう所を見るんだなーとか
    こういう考え方されるんだなーとか
    自分自身の足りなさをいろいろと思いしらされました(*^^*)
    2日目はどうでしたか?
    今度ぜひぜひ話聞かせてくださいねー!!
    楽しみにしてます(^o^)/

  2. gem より:

    先日はお疲れさまでした!
    長い時間運転もありがとうございました。
    頼りないナビでほんとゴメンナサイ。
    でも、とっても有意義でしたよね〜。
    本土の人をガイドすることで
    内にいて気づかないことを気づかされたり
    とにかく勉強になることばかりでした。
    私たち得しましたよね^^