原っぱと遊園地

2011年09月07日

仕事柄(?)本をよく買います。
文章が多い本は1回読むと終わり!が多いのですが、
最近もったいないなと思い、時間をみて読み終えた本を読み返しています。
最近読み返しているのが
建築家 青木淳 さんの「原っぱと遊園地」。

あらかじめそこで行われていることが分かっている建築(遊園地)から
そこで行われていることでその中身がつくられていく建築(原っぱ)へ。
題名の由来はそこから来ているそうです。
どうせつくるなら生活して楽しい建築を。すごく共感します。
そういう姿勢で建築設計したいです。

こちらの記事にも関連した内容がありますよ。


コメントは受け付けていません。