EPS工法

2011年12月14日
沖縄市の住宅。現在庭の土の埋戻し中です。



土の下を覗くと、大きな発砲スチロールと労務のおばちゃんが。



敷地横には大きな発砲スチロールがいっぱい準備されています。



これはEPS工法というもので、
今回だと土圧が建物にかからないので、通常より構造体の柱梁を小さく、壁を薄くすることができます。
構造設計者からの提案で今回初めて施工します。



まわりの方々からいろいろ吸収して、少しでもいい建物をつくっていきたいですニコニコ

コメントは受け付けていません。