住宅ローン、「元利均等返済」と「元金均等返済」

2011年12月21日
新築住宅を建てる場合、多くの方々は住宅ローンの検討をされるのではないでしょうか。
先週のタイムス住宅新聞に興味ある記事が。



住宅ローンの返済方法2種類についてのコラムです。

「元利均等返済」は、元金と金利の返済額が毎月同じ
          →返済金額が毎月同じ返済方法
「元金均等返済」は、元金返済額が毎月同じで、金利返済額が徐々に少なくなる
          →返済金額が徐々に少なくなり、支払い総額は「元利・・」より少なくなる方法(最初の返済額が高い)
です。

コラムによると、
1000万借入したとき、「元金・・」の方が支払い総額が約65万少なくて済み、
3000万借入したときは、「元金・・」の方が支払い総額が約190万近く少なくて済むそうです。

現実には、住宅ローンを組まれる方の約9割が「元利・・」とのこと。
ただ、ライフプラン次第では「元金・・」の検討の余地もあるわけで。
私も我が家でファイナンシャルプランナーの方にお世話になっていますが、
住宅ローン借入は専門の方も交えるなど、慎重に検討すると何らかのメリットが生まれるかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。