ドアを考える

2012年01月06日
正月明けから工事中の住宅の内部木製ドアの詳細設計をしています。

ホントに開き戸?もしかして引き戸?
取手をどうするか、丁番をどうするか
引き戸は吊り式?Vレール?普通に鴨居と敷居?
仕上げは今の図面のままでホントにいいか?
ドア枠の納まり、寸法、仕上げの見直し
室内の気配はどう外に伝える?

などなど。
いつもながら時間がかかります。



ある建築家が言ってました。
「開き戸を押して開けるときは体の動きがスムーズで、自分が迎えられているような幸福感がある。
 引き戸は抵抗感があるために、その奥が秘密めいた空間になる。
 ドアの開き方ひとつでも、人って独特の気分を感じ取るんですよ。」

ドアって深いぃーですねぇー。
写真は2年前に完成した住宅の内部。
このときもいろいろ考えました。それぞれの場所で納まりが違います。



今回はどうする?ただ今考え中です。

コメントは受け付けていません。