間接照明セミナー

2012年10月13日
先日、沖縄県立博物館・美術館で行われていた間接照明セミナーに行ってきました。



照明メーカーのDAIKOさん主催で、講師の家元さんは、「間接照明の女王」とのこと!

間接照明は、一般的に、「暗い」という印象があると思います。ですが、ポイントさえおさえれば空間の質はあがるはずで。
楽しみにしていたセミナーのひとつでした。

2時間弱のセミナー、講演を聞きながらいろいろカキコしました。まとめとしては、



①建築化照明は光のグラデーション→やさしさのある光である。
②間接照明は面を照らす。壁→見た目の明るさ、天井→広い空間を明るく、床→演出、浮遊感
③幕板なしの間接照明はない。幕板で光をコントロールする。
④狭い間口での建築化照明は難しい
⑤建築化照明は間取りから考える
⑥キッチンの間接照明は難しい
⑦カーテンを使った間接照明について

その他にLED照明についての説明もありました。
一般的に知られている「長寿命」以外にも、「調光で5%くらいまで絞り込むことができる」「虫が蛍光灯に比べると集まりにくい」
などのお話も聞けました。

そして、家元さん著の間接照明の本も購入しました。



勉強の成果を、ぜひ今後のお仕事に生かしたいと思います。ニコニコ

コメントは受け付けていません。