地道に、着実に、一歩ずつ。

2014年03月10日
西原の住宅、工事が進んでいます。
先週末は施主さんにも来て頂き、遣り方確認を行いました。





遣り方とは、建物を建てる前に建物の位置や高さを確認する仮設物のことです。
遣り方確認は、今まで図面で配置していた建物を敷地で確認する大切な作業です。

そして今日は、試験杭の打設確認を行いました。



地盤調査を元に構造図面は作成されるのですが、
その内容と現場の状況を再確認するのが試験杭の主な目的です。

建築設計のお仕事、デザインの仕事は一見華やかな仕事に見えますが、
日々の仕事は地道な作業の繰り返しで、
その繰り返しで完成までたどり着く訳で。

地道に、着実に、一歩ずつ。今やるべきことに集中です。


コメントは受け付けていません。