自然体であること

2014年07月03日
仕事の合間の外出中。たまたま見かけた建物にとても惹かれました。



どこにでもありそうな住宅。
その建物の街中での、飾らない、静かな佇まいにとても惹かれました。

個性をカタチにすることが良いことだとプラソは考えます。
だけど、個性ってなんだろう?

個性がないことが個性にもなります。
個性の定義は様々だと思います。

きちんと考えて格好が良い建物をつくる。
できるだけ細かく設計をする。
施主の個性を最大限に生かす。

そんなことをよく考えるのですが、

その惹かれた住宅には、
自然体に、
いろいろな条件から出来るだけ「普通」につくることの
大切さを感じました。

ケンチクをつくること、住宅をつくることってどういう事なのだろう?
個人的に、もっと掘り下げて考えるべき時期なのかもしれません。










コメントは受け付けていません。