試行錯誤のディテール

2014年07月06日
設計を続けて行くと、何件もの建物を設計していくことになります。
設計事務所によって考え方は変わると思いますが、
プラソでは、1件1件違う建物をつくっていきたいと考えています。

そうなると、
毎回建物ごとに細かい部分の納まり(ディテール)をつくっていかなければなりません。
というわけで、工事中の西原の住宅でもいろいろと新しい試みをしています。

その中のひとつが今回の写真です。
内部が打放し仕上げのこの住宅。
すっきりしたインテリアにしたいという理由で、
ドアや引き戸の周囲にある「枠」をどこまでなくせるかを設計テーマのひとつにしています。
そこで、今回は、障子のはめ込むための溝を、躯体に直接つくるディテールを試みました。



ここまでくるまでに、
建設会社さん、施主さまと何度も打合せを重ね、
障子をつくる建具屋さんとも打合せを行い、
いろいろある材料からアルミチャンネル2x20x20を39mmピッチで埋め込むことになりました。

建物のコンクリートを打設する前に、
現場でモックアップをつくってもらい、施主さまの承諾を頂いた上で工事を進めています。
コンクリートは部分的に補修を加えるので、
完成時にはもっときれいな仕上げになるかと思います。

細かいところをキチンとつくれば、良いケンチクは必ずつくれると思います。
これからも試行錯誤をしつつ、新しい、良いディテールをつくっていきたいです。



コメントは受け付けていません。