カタチが見えてきました。

2018年03月08日
設計させて頂いた読谷村の住宅。
今週、今まで外部を覆っていた足場が解体されて
建物のカタチが見えてきました。



毎回、カタチが見えてくるこの瞬間は
設計者としてとても感慨深いものがあります。
外から見えるということは、内部からの風景も見えるということで。



鉄筋コンクリート造ですが
海に面する大きな窓まわりの柱だけは鉄骨柱を使用しました。
その窓からの風景も見えてきました。

完成までもう少しです!



コメントは受け付けていません。