はじめてのコンクリートキッチン

2017年07月22日
設計させて頂き、現在工事中の読谷村高志保の住宅。
プラソでははじめてのコンクリートキッチンを制作中です。





コンクリートキッチンとは
キッチンの台の部分がコンクリートでできているのキッチンのこと。

シンクやガスコンロ、水栓、給排水管、ガス配管など
キッチン周りに必要な機器類は
事前に何度もオーダメイドのキッチンメーカー、施工業者と打合せを行い
後で取付け可能な形状でコンクリートを打設しました。

今、一番気になっているのはキッチンコンクリート天端の仕上げ状態。
暑いフライパンなどを置いたりする可能性や
調理作業でのいろいろな可能性を踏まえて
ピンホールなどもないできるだけ「石のような」コンクリートにしたいと
施工業者と試行錯誤しています。

コンクリート打設後、当面はコーナービードで角を養生しつつ
シートをかぶせて毎日水をかけて湿潤養生中。
打設後約10日を過ぎましたが
コンクリートの天端は水を吸わない状態になってきました。
最終的には保護塗装も施し完成になります。

8月からは内部工事も始まる予定。
「綺麗でしっかりとしたコンクリートキッチン」が完成できるに努めます。 (^^)/

コメントは受け付けていません。